何を話せばいい?デートでの会話術

デートでの会話

「気になっていた子とデートだ」
「何を話せばいいのか…。」
「お互い無言にならないか心配」
このような悩みを抱えていませんか?彼女にしたい女性とのデートはかなり緊張しますよね。
それは女性も同じ心境です。そのためお互い緊張しているままだと、会話もろくにできません。
長年付き合っているカップルや、熟年夫婦だと無言で共にいるのは当たり前の世界ですが初デートはまったく別物。
初デートで無言が続くと、かなり窮屈な空気感になってしまいます。そのような事態にならないためには、男性がリードして女性と会話してあげるのが大切です。
今回は、特に初デートで困らないための会話術を紹介していきます。

初デートで困らない話題をチェック

なんだかんだ一番話題に困らない話題は、食べ物の話や地元の話、共通の趣味です。

★食べ物の話題
あなたにも好きキライがあるように、相手側にも食べ物の好き嫌いが存在します。
もしデートで食事をする時には、メニューを見ながらあれが好き・これがキライと話題にできますよね。
メニューを選ぶ時間も有効的に使って、コミュニケーションをとっていきましょう。
また女性の好きな食べ物で美味しいお店を知っていたら、「今度一緒に行ってみようよ」と2回目のデートをとりつけるのもアリ。
あくまでも「一緒にいってみたい」を強調するのであって、「一緒に行ってあげる」と上から目線にならようにするのが大切です。

★地元の話
地元の話では、有名な祭りやおすすめスポット、女性のお気に入りの場所、美味しいご飯屋さんとかなり話題の幅が広がります。
また相手の学生時代の話も聞けるので、過去を知るには丁度いい話題でしょう。
もしお互い同じ市町村出身であれば、共通の友達を探したりお互いが知っている場所での思い出を語ったりするのもいいですね。

★共通の趣味
趣味といえば音楽や映画、釣り、車、バイク、マンガ、アニメ、ゲームといったジャンルがあり挙げたらきりがないほどですよね。
共通の趣味が合致して、デートする仲にまで発展している人もいるのではないでしょうか。
もし合っていなくても、相手の趣味に興味を持って話を聞いてあげるのが最適です。

初デートにNGな会話

初デートであまりオススメできない話題があるのを知っていますか?
それはディープな話です。例えば過去の恋愛を根掘り葉掘り聞く、家庭の事情を聞く、結婚観といった話はタブー。
過去の恋愛でツライ思い出を思い返したくない、家庭はすでに複雑な関係、そもそも初デートで男性との結婚は考えていないというパターンもあるのです。
もちろんフランクに話してくる人もいますが、そういう人は自分からオープンに話しているの傾向があります。
しかしあまり自分の事をオープンに話そうとしない女性には、初デートでは話題にしないほうがいいでしょう。
初デートで女性のことをすべて把握しようとする必要はないので、こういった話題は時間をかけてゆっくり知っていくのがベストです。

初デートは誰だって緊張する

「今緊張しているのは俺だけ?」と感じた経験ありませんか?
実は男性側だけでなく、大半の女性も緊張しているといわれています。そのため自分だけ緊張しているのかもと焦る必要はまったくないのです。
特にネットが普及している現代では、「メールでのやり取りの方がラク」「携帯の方が緊張しない」と感じている人も。
それほど面と向かって会話ができない男女が増えてきているのです。
そのような事態を招かないためには、メールだけのやりとりだけではなく電話を使ってコミュニケーションをとるのも大切。
今ではテレビ電話もスマホでできる時代なので、簡単にコミュニケーションがとれます。
初デートをする前にメールだけでなく、電話でもコミュニケーションを取ってみましょう。