地方女子と付き合いたい!

地方女子と付き合う

日本特有の地域別の方言は、女性が使うとかなり可愛らしいものに変化しますよね。
男性の中には
「彼女には方言でしゃべってもらいたい」
「方言使う女性っていいよね」
と感じている人もいるはず。とくに関東圏の東京や埼玉、千葉といった場所に住んでいる人はなかなか方言女性を見かける機会がすくないですよね。
そこで今回は方言をしゃべる、または方言がある地方で育ってきた女性と出会うための手段を紹介していきます。

方言を話す女性と出会うための方法

東京や埼玉、千葉といった場所に住んでいる人は職場でも標準語でやりとりするのが大半かと思います。
同じ会社の女性の中に地方出身の方がいたとしても、標準語でやりとりしているとなかなか方言が聞けないですよね。
そんな時に使うのが、出会い系サイトやマッチングアプリです。

まず出会い系とマッチングアプリの違いですが、出会い系は男性から一方的にメールでアピールできます。しかしマッチングアプリは、お互いに気に入らないとマッチングしません。
あなたが「この子いい!」と思ったとしても、相手があなたを気に入らないと一生マッチングできずにやりとりもできないのです。

そのため出会い系を使った方が効率いいといえます。出会い系ではお金がかかりますが、都心で貴重な地方女性と出会うためには大切な手段なのです。
各サイトでは女性を検索する時に、県名や出身地に絞れるので簡単に地方女性を発見できます。
地方女性と出会いたいなら、出会い系サイトを使い込んでデートしてみましょう。

付き合うメリットは?

そもそもなぜ男性は方言女性が好きなのか?もちろん「標準語で十分でしょ」と思っている男性もいますよね。
そこで方言女性を付き合うメリットを紹介していきます。

★方言に癒される
★ピュアな女性が多い
★相手地方の文化が知れる

方言女性を無事に彼女にできたら、方言に癒されるというメリットがあります。いつもは標準語の彼女も、ふいに出る甘い言葉では方言であなたに甘えてくるというケースもあるのです。
そんなことされたら胸キュンですよね。「好きやけん」「好きやで」といった方言で彼女にささやかれたら、あなたもイチコロになるはずです。

デメリットに感じる人も

地方女性と付き合うと、2点だけデメリットがあります。
それは文化の違いと、結婚後の移動です。同じ日本に住んでいるとはいえ、地域によってかなり文化が違います。
そのため価値観の違いや考え方の違いも、長く付き合ってくるうちに支障をきたす場合もあるのです。
また、もし結婚するとなると年末年始やお盆時期の移動はかなり大変。
例えば本州に住んでいる男性と、地方に住んでいる女性が結婚するとお盆時の交通費でかなりの出費がでます。
これが毎年となると、お互いあまり良い気持ちで過ごすのは厳しいと感じる人も。それも踏まえたうえで結婚を考えるのが一番なのです。

人気のある方言は?

女性が話すとカワイイと思われている方言は、どこの地方が人気を集めているのでしょうか?
個人の好き嫌いが分かれますが、参考程度にチェックしていきましょう。

1位ー博多弁
2位ー京都弁
3位ー関西弁
4位ー北海道弁
5位ー秋田弁

堂々の第1位に輝いたのは、福岡の博多弁です。
「なんしようと?」「よかよ!」「好きっちゃけど」で有名ですよね。
また博多弁がカワイイといわれている理由は、話している時の語尾なのです。
「~と?」「~ばい」「~やあ」といった語尾は、かなり可愛らしさが増します。

またあまり聞く機会がない秋田弁で有名なフレーズは、「めんこい」です。カワイイという意味で、秋田女子がよく使っているといわれています。