デートで好印象を与える服装をチェック

服装に気をつける

「気になるあの子と初デート」「どんな服装していけばいいのかな」と迷子になっている男性には、デートで好印象を与える服装を紹介していきます。
気になる女性とデートが決まった日は、そわそわしてしまい服装を決められない人もいるはず。
そんな時には王道のシンプルコーデが一番です。
柄物や自分のサイズに合っていない服装をオシャレとして着用している人もいますが、普段そのような格好をしない人からするとかなりハードルが高いですよね。
まず迷ったらシンプルコーデで、デート相手の心をつかんじゃいましょう。

服装で印象が決まる!

「そこまで服装が大事?」「いつもの感じで良くない?」と思っていませんか?
もちろん服装を見ずに、アナタの内面だけを見てくれる女性もいるでしょう。しかし大半の女性は、男性の服装を細かくチェックしています。
それに逆に気になる女性が、アナタとのデートの際に寝巻のような服装で来たら幻滅してしまいますよね。
これは女性も同じです。まだ彼女ではない女性とデートする時には、服装をいつもより気にかけたほうがいいといえます。
自分の印象を高いまま、または低いイメージから高い方向へアップさせるためには服装が大切になってくるのです。

シンプルが王道です

ファッションセンスに自信がない人は、全部無地コーデでOK。Simple is the bestとも言われているように、変なイメージを与えないようにするためには無地が一番手っ取り早い方法です。
全身ブラックで攻めるもよし、また爽やかな印象を与えるために上半身は黒でパンツは白色という服装もアリ。
全身ブラックコーデはよくいますが、全身白色はなかなかの上級者コーデなので注意してください。また、全身同じ色にしたくない人は、3色までにとどめておきましょう。
例えば上半身は黒色の服、パンツは白となると腕時計は銀色や金に近い色が最適。

まれにバッグすら持っておらず財布をそのままの状態で持つ人がいますが、少しカッコ悪い印象を与えます。
持つモノが少ないにしても、肩にかけられるようなサイドバックを活用しましょう。Amazonや楽天でも簡単に購入できますよ。

季節別で服装例をチェックしよう

ここでは季節別で活用できる服装を紹介していきます。あなたがこの記事をどの季節に読んでいるかは想像できませんが、少しでも参考になれば幸いです。

★春コーデ
日本で「春が来た」といわれる時期は、一般的に3~5月です。特に3月はまだ寒い場所もありますが、いつまでも冬の服装をしていると飽きられてしまいます。
また本州ではサクラが咲いている時期。そのため服装にもパステルカラーや、明るい印象を与える淡い色を服装に取り入れましょう。

★夏コーデ
夏は6~8月ですよね。とにかく暑さを感じる夏は、さっぱりとした印象を与えるために白色やネイビーがオススメです。黒色は余計に暑苦しさを感じさせてしまうので、あまりおすすめできません。

★秋コーデ
秋は9~11月が一般的です。秋を感じさせる色を1色コーデに取り入れるだけで、雰囲気がガラっと変わります。例えばダークグリーンやワインレッド、ベージュといった色ですね。
秋は温かみのある色が印象に残るので、マスタード色もおすすめです。

★冬コーデ
冬は12~2月。マフラーやニットといった重ね着、アウターが活躍してくれます。暖色だけでなく、黒色と白の間に寒色も加えられるとオシャレ感が増します。
寒色とは主にグレーやネイビーといった色です。

いかがでしたか?オシャレは女性だけがする時代ではなくなった現代では、男性でもオシャレを楽しめます。
キマった服装で女性に会えば、女性がアナタに対して好印象を持ってくれること間違いありません!
自分に自信を持ってデートに挑みましょう!